サイト内検索

岡山県観光総合サイト おかやま旅ネット

おかやま穴場ネット

« 自然が創り出す奇跡の幻想空間 ~満奇洞(新見市)~ | メイン | 高原の夏景色を駆ける風になる! ~蒜山高原自転車道~ »

2016年7月21日 (木)

全国露天風呂番付<西の横綱>にランクされた「砂湯」

こんにちは。誘客促進グループの服部です。今回は湯量豊富な「湯原温泉」をご紹介します。源泉温度は48℃〜51℃、15箇所の源泉があり、推定毎分約6000リットルの豊富な湯量があります。湯原ダムの下にある巨大な共同露天風呂「砂湯」。川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂噴き湯(砂湯)の名称で呼ばれるようになりました。spa

Cimg0400_2

雄大な湯原ダムを背景に、旭川の川床から湧く温泉を岩で囲った野趣あふれる露天風呂です。美人の湯・子宝の湯・長寿の湯は温度の異なる湯舟で年中24時間無料で開放されています。

Cimg0387

Cimg0391

旅行作家の野口冬人が、日本温泉協会発行の「温泉」紙上に発表した露天風番付において西の横綱とされました。東の横綱は群馬県の「宝川温泉」です。川の中のにあるお風呂ながら住民により管理され無料で開放されていることが横綱の評価となりました。

Cimg0397_2

Cimg0394

Cimg0390_2

湯原温泉には「カジカガエルの生息地」があります。本州、四国、九州のみに分布する4.5cmくらいの小さなカエル。ここを含めて2ヶ所だけが地域されています。

Cimg0382

この夏、涼を求めて砂湯にお出かけ下さい。この砂湯、下湯原温泉、足温泉、真賀温泉、郷緑温泉との5つを総称して「湯原温泉郷」とも称されています。湯郷温泉・奥津温泉とともに美作(みまさか)三湯と呼ばれています。

Cimg0384

山田方谷(やまだほうこく)という名前をご存知でしょうか? 山田方谷(1805〜1877)は幕末期に財政破綻寸前の備中松山藩5万石を立て直した名財政家であり、卓越した政治家です。方谷も1861年の4月に病気療養の為、湯原温泉を訪れております

Cimg0399

Cimg0396

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/498169/33882007

全国露天風呂番付<西の横綱>にランクされた「砂湯」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿