サイト内検索

岡山県観光総合サイト おかやま旅ネット

おかやま穴場ネット

« カタカナを発明した人? | メイン | 備中たかはし松山踊り大練習会へ参加! »

2015年7月31日 (金)

岡山県産の紅茶が楽しめる♪アーリーモーニング

こんにちは!

情報戦略グループの澤田です。

新見市大佐の山の上にある、紅茶農園「アーリーモーニング」に行ってきました。

Niwa

紅茶農園でもあり、ペンション経営もされていて、まるで友達の家に遊びに来たような佇まい。
デッキの向こうに広がる広大な空と緑。
ここからは雲海、虹も見ることができるそう。

Chabatake_2


No1.春摘み一番茶 「ファーストフラッシュ」をいただきました。薄めの琥珀色で、はちみつのような甘い花の香りが広がって深い味わいでした。
No.2は、陽の光と雨の恵みを与えた紅茶葉。No.1よりも濃い琥珀色で、柑橘系の爽やかな香りと深い味わいが楽しめます。今年のNo.2は天候(台風など)の影響もあって収穫が遅れているそう。

Tea



美味しい紅茶の淹れ方について教えてもらいました。

紅茶の本場イングランドは硬水が多く(北部の一部は軟水)、渋み成分であるタンニンの抽出が抑えられ、味と香りが弱まるので、逆にコクが出て色が濃くなります。多めの茶葉を使ったミルクティーとして飲む習慣があります。

日本の水道水は軟水なので、紅茶本来の味と香りがストレートに出ます。つまり、渋み成分のタンニンも出やすくなります。だから、茶葉は気持ち少なめで良いんだそう。また、高温で沸騰したお湯で淹れるのがベスト。ポットの蓋は取ってカルキを飛ばすことをおススメとのこと。


お水の性質に配慮して淹れられた紅茶は、渋みをまったく感じず甘さも感じてスーッと飲めて、大変美味しかったです。

Shouhin


生産者「宮本英治」さんの商品が並んでいました。このパッケージデザイン、インパクトがありますよね!


こちらの紅茶は、来年4月の「晴れの国おかやまディスティネーションキャンペーン」開催をきっかけに結成した「吉備之国くまなく旅し隊」によって発掘されたおいしい名品、「ふるさとあっ晴れ認定」を受けています!

Kuma

今春、新たに紅茶専用茶樹を5,000本植えられたそうです。


岡山の大地の恵みが注がれた渾身の一杯を飲みながら過ごすひととき、とても癒されます。


是非、おでかけくださいrvcarrvcarrvcar



◆Early Morning  http://www.earlymorning.jp/

◆吉備之国くまなく旅し隊 http://kumanaku.jp/

◆ハレいろ旅で夏の岡山へ。7~9月はプレキャンペーン開催!
「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」
http://www.okayama-kanko.jp/dc/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/498169/33496007

岡山県産の紅茶が楽しめる♪アーリーモーニングを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿