サイト内検索

岡山県観光総合サイト おかやま旅ネット

おかやま穴場ネット

« TBS60周年スペシャルドラマを吹屋でロケ!あの女優も!? | メイン | 玉野の海カフェで心も体も休憩… »

2015年5月26日 (火)

神剣の魂が眠るパワースポット・石上布都魂神社

こんにちは。
おもてなし推進グループの高津です。

さて、皆様は古事記や日本書記について興味がおありでしょうか?

私は学校の歴史の時間に「日本の最古の歴史書」として習ったぐらいで、内容についてはほとんど知識がありません。

そんな中で、スサノオノミコトが八岐大蛇を退治し、その尾から出てきた剣が後に三種の神器のひとつになった、という話は何となく聞いたことがありました。

しかしそういった神話の舞台は全て出雲や大和の国のことであると漠然と思っていたんですね。

ところが、スサノオノミコトが八岐大蛇を退治した剣が、なんと太古の昔には岡山にあったというのです!

その剣を祀っていたというのがこちら、赤磐市石上にある「石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)」です。

P1000987

その剣は古事記では「十拳剣」、日本書紀には「十握剣」や「天蠅斫」などの名前で登場しているようですが、崇神天皇の時代になって奈良県の石上神宮に移されたそうなんです。

これは石上神宮の社伝にも記されているとのことで、神剣がその時までは確かにこの地に祀られていたというのは、史実としてもかなり信憑性が高いかもしれませんね。

P1000971_3

吉備津神社、安仁神社と並ぶ、「備前国一宮」(「一宮」は社格が高い神社)に位置していることからも、こちらは太古から信仰をあつめていた神社であったことがわかります。

P1000978_2

社殿の左側に奥の院へと上がっていく登山道がありました。

登って行った先には本宮があり、その奥に「磐座(いわくら)」があって、一帯が禁足地となっています。

奈良県の三輪山などでもそうですが、古代日本では巨石や巨岩に対する磐座信仰が盛んであったことが伺えますね。

私のほかにも岡山市内から来たという女性や、北九州のほうから旅行に来られているという若者のグループが社務所で宮司さんのお話を熱心に聴いておられました。

宮司さんが言われるには、最近は県内よりも県外から「パワースポット」として参拝されるかたが多くなったのだとか。

日本神話の中核となる場所が岡山県にあったなんて、確かに興味深々になりますよね coldsweats02
 

P1000972_2

休憩舎の中にも縁起についての資料がたくさん掲示してありました。

昼夜寒暖差の激しい折柄、体調を崩されているかたも多い中で、私も風邪をひいて体調が今一つのこの頃だったのですが、パワースポットを詣でたことで何だか元気が頂けたような気がしましたよ up

伝説の神剣とその御魂にあやかって、これからも丈夫な心身が保てますようにと、しっかりお祈りをして参りました happy01

皆様もぜひ一度赤磐市にお越しになって、日本神話の足跡を確かめてみてくださいね♪

石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)

あなたの知りたい岡山の観光情報がきっと見つかる! 「晴れらんまん。おかやま旅ネット」
http://www.okayama-kanko.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/498169/33416133

神剣の魂が眠るパワースポット・石上布都魂神社を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿